ふと気がつけば…

タバコを吸わなくなって2年が経っていた。正確に言うと2年と1ヶ月。

別に決心したわけでもなく、あるきっかけでその日だけ吸うのをやめたらそれが今日まで続いてしまった感じ。

我慢もしてないし、辛い思いもしていない。努力なんて全くしていないので、別に威張れるわけでもない。

ただ不思議なのは、わたしの周囲の禁煙した人たちは、皆タバコの煙や臭いに対して異常なほど嫌悪感を抱いてるみたいだけど、私は全然そんなことがないということ。

眼の前でタバコを吸われても全然平気。副流煙を思い切り吸い込んでみると、なんとなく懐かしいような気持ちになったり、いい香りだと思ったりする。でも、自分が吸いたいとはまったく思わない。この感覚は言葉にしずらいのだが、吸う必要が無いという言い方が近いかもしれない。

もし今一本だけタバコを吸っても、元には戻らないと思う。と、人に言うと、いや絶対また吸い始めるよと言われる。いやいや、全然大丈夫。絶対ない!…と言いながらそのうちホントに一本だけのつもりで吸って、前みたいにバカバカ吸い始めたりして…。

でも今って禁煙の場所がどんどん増えてきているようで、愛煙家が可哀想だなと思ったりする今日この頃です。

広告

暑中お見舞い申し上げます〜

JAPAN.20180718

知人が夏休みを取ると言うので、どこに行くのって聞いたら、

「東京は暑いから、沖縄に行ってくる〜」だって。

なるほどなぁー・・・。

 

ソテツ

sotetsu霊園の緑地に植えられたソテツ。

今年の冬の強烈な寒さに、ほとんどの葉が茶色く変色し、ダメになったのかと思っていました。3月の終わり頃だったか、造園屋さんが来て全ての葉をカットして丸坊主にしてしまいまして、「元に戻るのにどのくらいかかるの?」って聞いたら「三ヶ月くらいで元に戻るよ」と言われました。

三ヶ月?マジで?・・・ホントかなー・・・と私半信半疑でしたが、すぐに新しい葉が現れてきて、あれよあれよと言う間に育ってきて、見事に三ヶ月で元どおりになりました。

すごい生命力だなぁ〜。

 

コスモスとか・・・

うちのお墓がある霊園の隣の畑に、毎年咲く夏咲きのコスモス。

コスモス

霊園の中を流れる水路に咲く花菖蒲。

水路

そして、緑地に咲くランの一種?

ラン

3年目にして初めて花をつけました。まさかこんな花が咲こうとは夢にも思わず、びっくりです。

ランの花

霊園の人に聞いても「なんだっけかなぁ、蘭の一種なんだけどなぁ」と言う感じで・・・。

なんと言う花なのでしょうかねー?

 

紫陽花が・・・

ajisai今年も咲き始めました。

花はまだ小さいですが、どんどん大きくなっています。真ん中の「隅田の花火」の花びらももっと大きくなります。

でも、なんだか季節の移り変わりのペースが早い!

北方謙三「チンギス紀」

岳飛伝が最後に近づいてくると、楊令の子胡土児が蒙古に行くようになってきて、まさか…とは思っていたのですよ。

時代もそんなに離れてないし、胡土児がチンギス・ハンになっちゃうの?なんて期待しながら岳飛伝の最終巻を読んだんだけど、その後の胡土児は出てこない。

で、巻末の解説を読んだら…

ひぇ〜。すでに「チンギス紀」ってのが始まってるのね。

なになに?胡土児の吹毛剣は息子に受け継がれ、そしてそいつがテムジンになるって?

凄すぎる〜。

まさか再び、文庫化を待ちわびる日々が始まるとは…。

満開です。

お久しぶりの投稿です。なんと約2年ぶりの投稿であります。

別に何があったというわけでもなかったのですが、あの九州地方の地震のあと、何を書いていいのかわからなくなり、しばらくお休みのつもりがこんなに長い放置状態となってしまいました。

それが今朝、病院の待ち時間に近くの桜並木を歩いていて、ふと再開してみようかという気になりました。とりあえず満開の桜の写真とともに、今日はご挨拶だけ・・・。

あ、病院といってもぜんぜんなんてことない病気なので、ご心配なく。