カテゴリー別アーカイブ: 雑記

アジサイ2鉢

アジサイ2もう一つの方も咲きました。

毎年こいつらが咲いてくれるのを今か今かと楽しみにしているのですが、咲いてしまえばあとはすぐに終わりが来ます。もうちょっと長く咲いててくれたらなぁ〜。

それに、そろそろ植え替えもしないとなぁ・・・。

広告

今年のアジサイ

アジサイ1しばらくブログの放置状態が続きましたが、その間にいろいろなことがありました。九州地方の地震には本当に驚きましたね。幸い、故郷の親戚たちには大きな被害もなく、またブログで交流のあった方たちの中にはかなりの被害を受けた方もいらっしゃったようですが、今はブログも更新されているようでホッとしております。皆さんが早く以前の日常生活を取り戻せるようお祈りしております。

そんな中、今年もうちの紫陽花が花咲き始めました。ふた鉢のうちひと鉢の方だけですが、もう一つの方ももう少しで咲き始めそうです。

満開になったらまた写真をアップさせていただきますネ。

60歳割引

 

数年前から映画館に行くと、チケット売り場の係員の人に「一般でよろしかったでしょうか?60歳割引とかございますけど・・・?」と言われて、ムカッとして「一般で結構です。まだ60歳にはなってないんでね」と高飛車に言っておりましたが、今日は60歳割引でお願いしますと言った時に、係員から証明書の提示を求められなかったことにムカッとしてしまいました。

えー、はい、私、先日、とうとう、

還暦を迎えました。

豊川稲荷

今年のお正月は、愛知県の実家で迎えました。

年末、朝早く出たので高速道路はがら空きで、愛知県に入るまではスイスイだったのですが、蒲郡付近で事故か何かで大渋滞とのこと。

で、急ぐ旅ではないし、渋滞でイライラするより一般道をのんびり行こうということになり、豊川で高速を降りました。そしてついでに豊川稲荷へお参りに。今まで一度も行ったことないし、初詣には絶対行く気がしない所だからね〜。正月は高速道路の出口から混雑してるもんねー。

豊川稲荷は妙厳寺という曹洞宗のお寺さんです。講堂の新築工事中でちょっとごちゃごちゃしていましたが、年月を経た本殿、渡り廊下、江戸時代に作られた日本庭園など、非常に美しく立派なお寺さんでした。

そして広い敷地の林を抜けると、狐霊塚。ちょっと不気味な感じです。この寺の鎮守の吒枳尼天は白い狐の背に乗って現れたそうです。

境内をぶらぶら歩くだけでとても厳かな気持ちになれる素敵なところでした。来てみてよかったなぁと思いながら高速道路情報を見るとまだ渋滞中。思い切って一般道で豊田市の実家まで行くことに。思ったより遠くて、混んでて、えらく時間がかかりましたが、道の駅に寄ったりしながらドラブを楽しんで夕方到着。両親の元気な顔を見られてホッとしました。

しかし今年のお正月は天気も良くて暖かく、行きも帰りも大変楽しいドライブとなりました。疲れましたけどね〜。

人間ドック

mri昨日、生まれて初めて人間ドックと脳ドックなるものを受診してまいりました。今年度に60歳を迎える人を対象に、健保組合から補助が出てかなり安くなるということだったので。

いつも健康診断を受けている病院ですが、別棟の人間ドックセンターの建物に行きます。

待合室のソファが真ん中にあって、それを囲むように小部屋がいくつも並んでいます。受診者は全部で15名ほど。それが次から次へとそれぞれの部屋に呼ばれて入っていきます。一つの検査が終わって待合室で少し待つとすぐに別の部屋から呼ばれて、ほとんど待ち時間もなくどんどん進んでいきます。MRIだけは本館のほうにあるので移動。実はカミさんから、MRIはやっている間ずっとものすごくでかい音がカーン・カーンと、踏切が耳元で鳴っているような感じで我慢できないくらいだと脅されていたのですが、実際はブー・ブーというブザーが鳴り続けているような感じで、うるさくはありましたが全然我慢できる範囲。途中で私、うつらうつらしてしまったくらいでした。頭部だけだからかもしれませんが10分くらいで終わっちゃったし。器械が新しいからかもしれませんね。

でまた元のところに戻って、最後にバリウム飲んで腹部レントゲンでぐるぐる回らされて終わり。10時半くらいには全て終わってしまいました。

速っ!!

とりあえず当日結果が分かる範囲では、肺活量の衰え、要するにタバコを控えろってことと、エコーで腎臓に良性の嚢胞(?)があることがわかって、一度専門医に相談してみればってことくらいで、あとは詳しい結果待ち。

最近胴周りが大幅に増えてメタボ気味だったり、残尿感が顕著になってきているので、前立腺肥大の進行具合にも不安があり、血液検査の結果がちょっとだけ心配ではあるDjangoなのでした。

お疲れ様〜

kaname先日、愛知県から両親が出てきました。そっちにはもう行けんわ・・・と常々言っていたのですが、頑張ってきてくれました。それというのも、私の妹の娘に赤ちゃんが産まれまして、つまり曾孫を見に来たというわけです。

バスと電車を乗り継いで名古屋駅まで1時間以上、東京駅から拙宅まで電車を乗り継いで1時間以上。翌日姪っ子の家まで赤ちゃんを見に行き、次の日には帰って行きました。もう少しゆっくりしていけと言ったのですが、やはり自分の家が一番いいみたいです・・・。(^_^;)

ふたりとも元気だとはいえ、やはり85歳。このハード・スケジュールはさすがに疲れたことでしょう。

でも、小さな可愛い赤ちゃんの寝顔を目を細めて見つめる二人の顔はとても幸せそうでした。親不孝者の長男(私)の代わりに、親孝行してくれる妹と姪っ子に感謝、感謝です。